2015年08月17日

8月の施設内研修会の模様です

8月はターミナルケア委員会による施設内研修を行いました。委員会では今年度研修を行うに当たり職員がターミナルケアについてどのようなことを知りたがっているのか、実際ターミナルケアを行って不安なことはどんなことなのかをアンケートで情報収集をして、それに合わせた内容の研修をしようと考えました。実際にアンケートをとり、その結果を踏まえて「看取り期の状態変化のポイント」、「苦痛緩和のポイント」の講義と各自の死生観を自己覚知するために「はっぱのフレディ」の朗読を聞き、感想や考えたことを発表し合う時間を設けました。施設でのターミナルケアは自然なこと、今後も私たちは入居者様やご家族の気持ちに寄り添って丁寧で温かいケアをしていきたいと思います。

commented by Y.Nagasawa

 

CIMG0447CIMG0448CIMG0446

 

 

2015年07月26日

7月の施設内研修会の模様です

今月は身体拘束廃止委員会による勉強会を行いました。ここでは身体拘束廃止活動についての理解や、認知症によるBPSDの理解と対応、虐待についてなどを学びました。 高齢者の尊厳をまもる為、入居者様がどのような状態になられても、一日一日を豊かに自分らしく暮らしていけるように、その人中心のケアを組み立てていくことが大切だと思いました。
commented by M.Inamine
 
CIMG0359CIMG0360CIMG0362CIMG0364CIMG0365CIMG0367
 
       
2015年06月29日

6月の施設内研修会の模様です

今月は食中毒について施設内研修会を開催しました。初めての試みで丸石製薬株式会社の山下勝弘様に講師をして頂き大変勉強になる研修会となりました。職員の感想にも、色々と復習ができた。取り入れていない新しい事が学べた。マスクによって防止できるレベルが違う事を知った。等々良い感想が沢山出ました。今年の夏も研修で学んだ事を生かして、施設から食中毒を絶対出さないようにして参ります。
commented by E.Ueji
 
CIMG0325 CIMG0326 CIMG0329
2015年05月22日

5月の施設内研修会の模様です

あさひが丘で夜間心肺停止の緊急時の対応についての勉強会を行いました。各グループに分かれて夜間心肺停止を想定したシミュレーションを行い、連絡体制や心肺蘇生法を学びました。入居者様の急変はいつ起こるか分かりません。今回の勉強会で学んだ事を活かして、焦ることなく迅速に対応できるよう心掛けたいです。

commented by M.Inamine

 

 

 

2015年02月05日

2月の施設内研修会の模様です

新年が明けてもう2月に入りました。この時期は毎年寒いですが、入居者の皆様は元気に過ごされています。ただこの時期は風邪やインフルエンザが多くなる時期でもあります。そこで今年最初の施設内研修会は、お口の中をキレイにして、細菌やウィルスの繁殖を抑えたり誤嚥性肺炎にならないようにしようとのテーマで、名古屋徳洲会病院 歯科衛生士 水草あゆみ先生を講師としてお招きし、「口腔ケアの正しい方法」について講義と実演をして頂きました。事前にアンケートを集計し職員の気になっている事やわからない点をしっかりと教えて頂き、職員からは「こんな方法があったんだ!!」や「うがいひとつでこんなに変わるんだ」等の声も上がり、専門分野でご活躍されている先生の深い講義と実演に職員皆釘付けになりました。今日行った研修を必ず活かし、入居者様が日々健康でお過ごし頂ける様しっかり支援して参ります。

commented by K.Tatematsu



2014年12月21日

12月の施設内研修会の模様です

今月は事故対策委員会主催で施設内研修会を行いました。今回は、東海記念病院より講師の方をお招きし、高齢者の摂食と嚥下について、実際ご本人が体験した事を通し講義をしていただき、とても勉強になる研修になったと思います。しょうなあさひが丘からも多くの職員が参加し、真剣取り組む事ができました。またこのような専門の講師を招いて行う研修を行っていきたいと思います。

commented by M.Ishihara




2014年11月15日

11月の施設内研修会の模様です

株式会社トモ様のご協力を頂いてノロウィルスについて勉強しました。正しい手洗いでノロウィルスを発症させない!正しい処理方法により絶対に万延させない事をモットーに、この冬を乗り越えたいと思います。

commented by E.Ueji


2014年11月06日

交通安全教育講習会を開催しました

職員の交通事故防止を図るため、交通安全教育講習会を実施しました。講師に春日井警察署交通課の方に来て頂き、交通事故防止の講義とドライブレコーダーが捉えた事故映像等をみて、あらためて交通事故の恐ろしさを痛感したと共に、安全運転の重要性を再認識し、日々の業務に活かしていきたいと思いました。また、防災についてのお話もあり、日頃からの備えや防災意識を強く持つ事の大切さを学びました。

commented by M.Shimomura


2014年10月20日

10月の施設内研修会の模様です

今月は褥瘡予防委員会主催で施設内研修を行いました。車イスの製造元である松永製作所の青木様を外部講師としてお招きし、車イス上のシーティングについて講義をして頂きました。製造元という専門の立場から車イスの点検方法と姿勢の重要性、そしてセンサーを使って座面圧の測定実技を行って頂き、職員からも改めて、姿勢について考える機会が出来た。クッションのあるなしで座面圧の増減がはっきり出ていてとてもびっくりした。などの感想が多くあり、今回の企画で研修会が出来て良かったと思いました。今日聞いた内容を職員一人一人がしっかり理解して、これからの生活に活かしてもらえたらと思います。改めて青木講師ありがとうございました。

commented by K.Tatematsu



2014年09月24日

9月の施設内研修会の模様です

9月の施設内研修はターミナルケア委員会による研修を行いました。

1、「平穏死のすすめ」の著者世田谷の特別養護老人ホームの常勤医師石飛幸三医師の研修を受けてきた看護師からの研修報告、2、今年委員会でまとめた家族様向けの説明ツール、「あさひが丘看取り介護指針」について。3、エンゼルケアのシミュレーション、の3部構成で行いました。

施設内研修の報告書には「大切なのは看取りの時だけではない。準備は入居のときから始まっている。入居者様がどう生きたか、家族様とどうかかわってきたか、最期にそれが凝縮する」という言葉に共感する思いが多く綴られていました。

職員のスキルアップ、看取り介護への理解、希薄な関係性のご家族様へのアプローチなど課題はありますが、みんなでひとつずつ取り組んでいきましょう。

commented by Y.Nagasawa



▲ PAGE TOP