2013年07月17日

7月の施設内研修会の模様です

身体拘束廃止委員会による研修会を開催しました。研修内容は「身体拘束の理解」です。拘束の11項目とスピーチロックの読み合わせの後、現場の事例を入居者様役と職員役に分かれ行い、グループワークへと進めて行きました。今回の研修会で、何が正しく何が拘束なのか、ご本人様のADLや気持ち、またその背景をくみ取り考える事。教科書だけではなく、現場ならでは!という対応力と応用力が必要である事を強く感じました。今後もより一層、入居者様が快適に思って頂ける立案とケアを行えるよう努めていきます。                                                 commented by H.Kanamori




2013年06月25日

食中毒予防研修

しょうなあさひが丘にて、食中毒予防についての施設内研修会を実施しました!今回はしょうなあさひが丘で食事を提供して頂いている、株式会社グリーンハウスの方を講師としてお招きし、食中毒の予防と対策についてを学びました。研修会は食中毒についての知識や発生状況に始まり、どのように予防していくのかというところまでを講義で学び、その後食中毒予防に効果的な手洗いの方法を実践しました。入居者様に安心して日々の暮らしを過ごして頂くために、私たちはこうした衛生面での安全確保に対しても全力で取り組んでいきます!                     commented by T. Mori


2013年06月21日

施設内研修会の模様です

今月の施設内研修会テーマは『食中毒予防』です。毎日の食事を作って頂いてる、株式会社トモの衛生本部長をお招きして、暑くなるこれからの時期に注意すべきポイントを皆で一緒に考え、食中毒を予防する三原則「清潔・迅速・加熱及び冷却」や手洗い方法についてしっかり学ぶ事が出来、食中毒予防を努める上で大変参考になりました。今年も猛暑が予想されています。私達はしっかり入居者様の健康維持に取り組んで参ります。                    commented by R.Yamauchi

 


2013年06月17日

ユニットケアを考える

ウインクあいちにて開催された、全国個室ユニット型施設推進協議会主催の東海ブロック地域ネットワーク研修会に参加しました!私たち春生会は、この研修会の運営スタッフの一員として関わりましたが、この日の為にお招きした福祉の世界を牽引されている方々の講演にも参加することができ、介護事業経営や24時間シートとケアプランの連動性についても、大きな収穫を得ることができた1日となりました。また、研修会後半の実践発表の部では、この日足をお運び頂いた150名以上の参加者の方々に、特別養護老人ホームあさひが丘で日頃から実践している重度化への取り組みについての発表をする機会を頂き、とてもよい経験になりました。ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました!

                                            commented by H.Mizukusa



2013年05月15日

施設内研修会の模様です

5月の施設内研修会は事故対策委員会が主体となり、事故対策マニュアルの変更部分と新書式となった事故報告書の確認をテーマに開催しました。まずは事故対策マニュアルの変更部分を皆で理解し、それに伴い事故報告書の新書式でどう記載していく事が出来るのか考えました。その上で1つの事例をテーマに、多職種で集まってグループワークを通して考え発表しました。今回の研修会を通して、事故を未然に防ぐ方法は様々あると思いますが、一人で抱え込み対策案がたてれず悩むような事があってはいけない!利用者様に必要なケアができているのかを今以上にしっかり考えなければいけない!等々、改めて事故報告書を通して事故に関するあらゆるケアについて考えるよい機会になりました。                                                         commented by Y. Kishigami



 

2013年04月19日

入浴研修!


しょうなあさひが丘4階西南町にて、昨年度の新卒職員による入浴の研修を行いました。
入社して1年。入居者の方たちと関わり合いながら、日々勉強し成長している彼らに実際に入居者様の立場に立って貰い、寝浴の入浴体験をしました。
この4月に彼らの1年後輩にあたる新卒の職員が入職したこの時期に、入居者様の視線に立って、職員の介助している位置や声掛けのトーンや重要性や意味などを、改めて学び直すことが出来たのではないでしょうか。
今後も、入居者の方たちに安心して過ごして頂くために、4階西南町ではこのような研修を企画して行きます!

commented by H.Mizukusa


2013年03月20日

施設内研修会の模様です

今月は、移乗介助の研修をおこないました。介護技術も日々進歩しております。人のカラダの動きを改めて見つめ直す機会となりました。利用者様のカラダに負担をかけず、職員も楽になる介護の方法を施設で定着させていきたいと思います。                                                      commented by K.Mima

 

 

 

 

2013年02月26日

ユニットリーダー研修

日本ユニットケア推進センター主催の第22回ユニットリーダー研修に、しょうなあさひが丘のユニットリーダー2人が参加しました!今回の研修先は三重と飛騨。ユニットリーダーという現場での責任者として、今自分のユニットで行っているケアを振り返り、これから何をすべきか、そしてそれを実践するためにはどうすべきなのか、何か工夫できるところは無いのか・・・と、入居者様へのより良い暮らしの提供という大きなテーマの下、多くのことを学ぶ事ができました。研修から帰ってきて、早速ユニット内のしつらえを改善したりと、今回の研修で身につけたことを現場で還元し始めています。しょうなあさひが丘が入居者様にとって今まで以上に安心して、安全に日常生活を送っていただけるような場所になるようにこれからも努力し続けていきます!                                commented by Ishi & Hide


2013年02月22日

施設内研修会の模様です

2月の施設内研修は医療ケア推進委員会が主体となり、胃ろうについての知識、技術の習得とともに、口から食べることの意味や、食の支援をテーマに開催しました。まずはなぜ胃ろうを作らなければならないのかを理解する為、嚥下の仕組みや誤嚥性肺炎について学び、胃ろうとは何なのか、どういったことに注意が必要なのかを考えました。その上で口から安全に美味しく食べて頂く為に、私たちができることをグループワークを通して学びました。施設生活で食事が一番の楽しみと感じている方が多い中で私たちのケアを振り返った時、その人に必要なケアができているのかを考えさせられ、改めて口腔ケアなど、食に関するあらゆるケアについて考えるよい機会になりました。                                                                                                                      commented by M.Mori

 

 

 


2013年02月18日

全国最先端ケア研修会に参加しました

大分での研修会に参加しました。この研修で、日頃行なっているケア全般の1歩先2歩先を行くためのケアを学ぶ事が出来ました。特に水分補給に関してですが、自分が大切だと思っていた以上に大切な事だという事が分かりました。これからは水分補給の水分は、命の水をお飲み頂く思いでご提供しようと思いました。そうすればきっと、水分補給というケアの質が向上すると思います。また一つのケアの質の向上が、日々のケアに対して自問を生み、他のケアの質も向上させようという意識になり、私たちのケアはどんどんすばらしいものにして行けると感じました!

 


 


▲ PAGE TOP