あさひが丘ブログ > あさひが丘 > 栄養士のタマゴ(中部大学管理栄養士実習生)

栄養士のタマゴ(中部大学管理栄養士実習生)

中部大学管理栄養科学専攻の実習生として8月5~8月9日の間実習でお世話になりました。今回は、天ぷらレクやおやつレクを担当させていただき、入居者様と一緒に料理をさせていただきました。天ぷらレクでは、海老となす・かぼちゃ・ピーマンの天ぷら、にんじんと鶏肉の炊き込みご飯、とろろそばを作りました。おやつレクでは、芋ようかんを作りました。入居者様と一緒にさつまいものふかしたものをマッシュしておいしく作り上げることができました。自分たちが考案して作った料理を「美味しいよ!」と嬉しそうに言ってくださった時は私も嬉しくてやりがいを感じました。あさひが丘の実習で管理栄養士の業務を多く学ばせていただいたおかげで以前より管理栄養士という仕事の重要性を感じることができ、大きく成長することができたと思います。ご指導いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

commented by M.Kakiuchi

 

中部大学管理栄養科学科専攻の実習生として、8月5日からの5日間、特別養護老人ホームあさひが丘さんでお世話になりました。今回の実習で特に印象に残ったことは、4日目に行ったおやつレクです。私が考案した芋羊羹を作りました。私は調理が苦手で、本番で芋羊羹を作ると伝えられたときは、実習前に何度も試作したのにとても不安でした。本番当日の朝まで材料の量の変更を行っており、入居者さんに食べていただくまで緊張していました。しかし、入居者さんに提供すると、おいしいといいながら喜んで食べてくださったので、とても嬉しかったです。私たちも一緒に食べることができたので、近くで入居者さんの笑顔をみることができ、管理栄養士としてのやりがいも感じることができました。5日間という短い間でしたが、ここで学んだことを活かし、入居者さん一人ひとりに寄り添える管理栄養士になれるように頑張ります。

commented by Y.Kojima

 

コメントする





*


▲ PAGE TOP