あさひが丘ブログ > あさひが丘 > 栄養士のタマゴ(中部大学管理栄養士実習生)パート2

栄養士のタマゴ(中部大学管理栄養士実習生)パート2

中部大学管理栄養科学専攻の実習生として、9月2日から6日までの5日間、特別養護老人ホームあさひが丘さんでお世話になりました。今回、おやつレク2回とカレーレクを担当させて頂きました。おやつレク1回とカレーレクは私が考案したものを作りました。直前までに何度か材料や分量、作り方などを変更したので提供するまで、入居者さんに喜んでもらえるのか、美味しくできているかなどすごく不安でした。しかし、食べ終わったあと話を聞くとみなさん”おいしかった、ありがとう”と言って喜んでくれたし、おかわりまでして食べてくれる方もいたのでとても嬉しかったし、やって良かったと思いました。この実習を通して、管理栄養士の業務を多く学ぶことができました。そのおかげで、管理栄養士の仕事がなぜ重要となってくるのか、自分は将来どんな管理栄養士になりたいのかなどのイメージを以前より膨らますことができました。5日間という短い間、ありがとうございました。

commented by M.Sato

 

中部大学管理栄養科学科専攻の実習生として9月2日から6日までの1週間、特別養護老人ホームあさひが丘さんでお世話になりました。入居者の方とお話をしつつお昼ご飯の用意をし、おやつを作ったりもしました。2日目のおやつは私が考案した水まんじゅうでした。うまく作れるかという不安、そして食べていただけるかという心配もありましたが、皆さん美味しそうに食べていただけて嬉しかったです。今までご高齢の方と関わる機会があまり無く、お話しするのは緊張しましたが徐々に慣れ、少しずつ話せるようになっていきました。将来管理栄養士としてこのあさひが丘さんなどの特別養護老人ホームで働くことになれば、こういった年の離れた方とのコミュニケーション能力も必要になると思います。その練習や体験としても、この実習は貴重な経験となりました。多くの方のご協力のもと、行えたこの実習での経験を生かし、将来を見据えて勉学に励みます。

commented by Y.Matsuda

 

 

 

 

 

 

コメントする





*


▲ PAGE TOP